着物をフル活用

着物選び

着物は着ていればいいわけではありません。その時、その場に合った着物を着ましょう。品格の高い着物は黒紋付・黒留袖・色留袖振袖、帯も同様に礼装・正装の第一正装です。その中で黒紋付は帯は二重太鼓・上半身柄無し、未婚・既婚関係なく五つ紋が入ります。黒留袖・色留袖振袖は黒紋付までいきませんが袋帯で品格の高い位置づけです。色留袖は裾に模様、紋の数を少なくして訪問着・つけ下げと同様に着る事ができます。未婚女性・成人式に振袖を着ますが袖が長い方が品格が高いそうです。第二正装として訪問着・つけ下げ・色無地・お召です。訪問着・つけ下げは袋帯です。色無地の紋有り・無し、お召は略礼装として着れます。普段着として江戸小紋・小紋・紬・浴衣は、おしゃれ・お稽古に気取らない、肩ひじ張らずカジュアルな感じに着れます。着物は作り・柄、帯の作り・結びで違います。

着用シーン

着物を着る場所、どんなシーンで着るかで着物選びに繋がります。
第一正装は結婚式で新郎新婦の母親・仲人ご夫婦・親族既婚女性、成人式、未婚女性はパーティーと正式な場所です。
第二正装はご招待いただいた披露宴・パーティー、お見合い・お茶会と華やかな場所です。おしゃれな外出着としても着れます。かっちりした品格のある場所でなく、お稽古・おしゃれ着・夏のお祭りの浴衣です。着物は合った物を着ていれば美しく見えます。お相手や場所に失礼がなく、着物を知っているんだなと喜ばれます。着物に合った小物を揃える事もできます。今はあまり着物を着なくなりました。着物の着付けができるのも凄いですが、どんな場所に着れるか知っていればアドバイスできます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る