大切な思い出

リメイク依頼

リメイクの依頼は知り合いがいればいいですが、近くに業者さんがいない場合はWebで探してお願いできます。洋服のお直しから、着物リメイク専門、ご自身のスキルをWebで売買するサイトもあります。お店に直接行って依頼すれば細かな詰めたお話ができます。Webでは顔が見えない分、お互い信頼関係がないとなかなか依頼しづらいものです。一番大事にしないといけないのは、お店に依頼するよりコミュニケーションを取り要望をお伝えしなくてはいけません。
大切な思い出を無駄にしないように細心の注意をして依頼しましょう。そうする事で最高の仕上がりになります。リメイクは生地を切って別の物にしてしまえばいいのでなく、何でも物にも命があるのを忘れてはいけません。

リメイクポイント

着物生地は天然素材なので伸び縮みしません。普段着る洋服のTシャツと違うので型紙をしっかり取ります。生地に傷みが多いと劣化が早いので良く見ましょう。業者さんに依頼する時は事前にお伝えしておくと最適な方法を考えてくれます。生地幅は35cm前後と覚えておくとリメイクの作りたい基準が見えてきます。生地の性質を知るとリメイクしやすく、着物の製法技術に驚きます。着物それぞれの部分から何通りもの物が作れます。
古い物の魅力を出すにはどうしたらいいか、着物がどうしたら喜んでくれるかが一番大事な所だと思います。古い物を受け継いでいく心を思い出させてくれる方法の一つです。古い物をリメイクするのは古臭い考えではありません。新しい考えだと見直されています。


この記事をシェアする
TOPへ戻る